一般内科 |横浜市南区の在宅医療・訪問診療、内科全般、南メディカルクリニック 京急・井土ヶ谷駅より徒歩3分

内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 脳神経外科 小児科 在宅医療 訪問診療

 045-722-3885

平日9:00~13:00 15:00~18:00

〒232-0052 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町127-1

一般内科

  • TOP
  • 一般内科
内科
一般内科

頭痛

頭痛の原因には、内科系の病気がもっとも多いですが、脳や神経の病気はいうまでもなく、目・鼻・耳・口やあごの病気、婦人病などでも起こります。
急性の頭痛でもっとも多いのは、ウイルス感染によるかぜです。インフルエンザでは、高熱とともに筋肉・関節痛が生じます。脳炎、髄膜炎では、高熱とともに意識障害がみられます。そのほかの発熱疾患も、しばしば頭痛を伴います。
脳の血管に急激な変化、たとえばくも膜下出血や脳出血が起こると、頭全体の激しい頭痛が生じ、意識を失うこともあります。片頭痛も、頭蓋(ずがい)内の片側の血管ないし神経の異常によって生じると考えられています。
肩こりと同様に、くびから後頭部にかけて、こりと痛みの起こる緊張型頭痛があり、しばしばみられます。脳梗塞や低血圧などでも、軽い頭痛を感じることがあります。う歯(むし歯)のときにも頭痛を伴うことがあります。
三叉(さんさ)神経痛では、突然に刺すような痛みが顔面の片側に起こります。三叉神経の帯状疱疹(たいじょうほうしん)では、片側のひたい、眼や口のまわりに痛みが生じ、数日して水疱(すいほう:水ぶくれ)を伴う発疹があらわれます。緑内障や副鼻腔炎(ふくびくうえん:蓄膿症〈ちくのうしょう〉)では、前頭部から目・鼻の奥に痛みを感じます。中耳炎では側頭部や、耳のまわりが痛みます。

頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に大別されます。
二次性頭痛は、くも膜下出血、髄膜炎などの「原因があって生じる頭痛」で、なかには放置しておくと生命にかかわるものもあります。原因をみつけることが大事ですので、受診しましょう。突然の頭痛、今まで経験したことがない頭痛、いつもの頭痛と様子が異なる頭痛、頻度や程度が増していく頭痛、50歳以降に初めて起こった頭痛、麻痺やしゃべりにくくなったり歩きにくくなったりするなどといった症状を伴う頭痛、発熱や吐き気・嘔吐などを伴う頭痛は二次性頭痛が疑われますので、直ぐに受診して下さい。
片頭痛や緊張型頭痛など「いわゆる頭痛もち」が一次性頭痛と言い、日常生活に支障があれば受診しましょう。安易に鎮痛薬を使用していると薬物乱用頭痛になってしまうこともあります。自分の頭痛を正しく理解することが大事で、受診して正確な診断と正しい治療を受けるようにしましょう。

立ちくらみ(めまい)

からだの平衡を保つはたらきがわるいために起こる不具合を、めまいといいます。
ふらふらするようなめまいは、たとえば、炎天下に長く立っていたときに生じます。突然に目の前がクラクラする感じがして、バランスが取りにくくなります。酒やたばこの飲みすぎでも起こります。

このように原因があきらかな場合には、くり返さないかぎり、あまり問題にしなくてもよいでしょう。いっぽうで、同じような症状は、貧血、低血圧、高血圧、徐脈や発作性頻拍などの不整脈、脳動脈硬化のある人にも起こります。特に低血圧の人では、寝ていて急に起き上がったときや座っていて急に立ち上がったときに、立ちくらみが起こります。
脳出血・脳梗塞・一過性脳虚血発作などの脳血管疾患、脳腫瘍、不安神経症、頭部外傷などの初期症状として、めまいが起こることがあります。女性では、月経時、妊娠中、更年期のほかに、さまざまな婦人科疾患でも起こります。

まわりがグルグル回るような回転性のめまいは、内耳の病気にしばしばみられます。良性発作性頭位めまい症では、頭の向きを変えたときに回転性のめまいが生じます。症状は強い場合もありますが、1分以内でおさまり、適切な指導を受ければ多くの場合、再発の予防が可能です。メニエル病では、発作時に回転性のめまいがあり、耳鳴りや吐き気を伴います。中耳炎や突発性難聴などの病気でも、よくめまいを起こします。
耳の病気以外に、眼の乱視や斜視でも、まわりのものが動いているようなめまいを生じることがあります。

めまいは日常診療の中でよく遭遇する疾患です。めまい疾患の大半は末梢性めまいですが、その一部に、脳卒中などの中枢性疾患に起因するめまい(中枢性めまい)があります。そのため、初診では中枢性めまいと末梢性めまいの鑑別が重要となります。

高血圧

血圧は気温、精神状態、運動、喫煙、飲酒などさまざまな状況で変化しています。睡眠不足や緊張・不安、寒い季節、激しい運動などでは上昇しますし、逆に暖かい季節や睡眠などでは低下します。
家庭でリラックスしているときの血圧は正常なのに、病院や職場では緊張等のために血圧が上がってしまう、ということがよくあります。このような高血圧のことを白衣高血圧と呼んでいます。反面、病院ではかった血圧は正常で自宅ではかった血圧が高い場合もあり、“仮面高血圧”と呼ばれ、なかでも夜間から早朝にかけて高い夜間高血圧や早朝高血圧では、脳卒中や心臓病のリスクが高いと考えられます。
高血圧基準値は診察室血圧、家庭血圧で異なり、診察室血圧値は140/90mmHg以上,家庭血圧値135/85mmHg以上の場合が高血圧に該当します。
後期高齢者の場合は、診察室血圧150/90mmHg以上、家庭血圧145/85mmHg以上が高血圧とされます。糖尿病患者や慢性腎臓病患者等は、低めの130/80mmHgが降圧目標値となる場合もあります。

高血圧は心臓血管系の合併症がないかぎり特別な症状はありません。よく頭痛、めまい、肩こりなどが高血圧の症状と考えている人がいますが、これらは高血圧の症状として出現しているというよりは、何らか別の原因でこれらの症状が生じ、そのストレスから血圧が結果として上がってしまうのです。
一方、高度の高血圧が長期間続くと、心機能の低下にもとづく症状(労作時の息切れや呼吸困難、不整脈など)や、腎機能の低下に伴う症状(むくみや食欲低下など)が出現することがあります。本態性高血圧の場合、血圧を下げることが治療の最終目的ではなく、血圧を下げることによって心臓や腎臓、あるいは脳の血管性病変の発症を予防することが治療の目的です。つまり、長期間にわたる安定した血圧のコントロールが必要となります。
高血圧には特別な症状がないので、治ったと自分で判断して勝手に治療をやめてしまう人をときどき見受けます。高血圧は慢性疾患ですので、服薬して血圧が下がったから治療をやめてよいというものではありません。合併症の発症を防ぐことを目的として、高血圧と上手につきあいながら、継続して治療管理することが大切です。
軽症高血圧の場合は、食事療法やその他の一般療法で正常血圧に戻ることもあり、必ずしも血圧降下薬を服用する必要はありません。血圧降下薬が必要な場合は、高血圧の程度や症状、副作用などに注意しながらもっとも適した薬を選んで治療します。

高血圧の生活面で注意点は以下になります。
*食事
食事の基本は簡単にまとめると次の3つです。
1.過食を避け、肥満にならないようにする。
2.食塩をとりすぎないようにし、1日の摂取量を6以下に抑える努力をします。
3.動物性脂肪を少なくし、動脈硬化を防ぎます。

*運動
運動は肥満を防ぎ、脂質代謝を改善して動脈硬化を予防し、軽症高血圧では血圧を正常化させます。継続的な適度な運動習慣は高血圧の患者にとって重要です。ただし、強すぎる運動や筋力トレーニングは、高血圧にはかえって有害です。歩行のような律動的な運動はまずお勧めです。

*ストレス管理
現代社会はストレスの多い社会です。ストレスを上手にコントロールすることが高血圧の治療には大事です。刺激や興奮の多い生活は避け、十分な睡眠やレクリエーションによってリラックスした生活を心掛けましょう。熱いお風呂に入らないとか、急に寒い戸外へ出ないとか、興奮しやすい娯楽や趣味は避けるといった注意も必要です。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の量に異常が生じる病気です。悪玉のLDLコレステロールが高いタイプ、中性脂肪が高いタイプ、善玉のHDLコレステロールが低いタイプに分けることができます。
コレステロールは本来、細胞を形成する成分として必要な物質です。しかし、量がふえ過ぎたり等不適切な状態が続くと動脈硬化の原因となります。自覚症状がないため、放置しておくと、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすおそれもあるのです。

*LDLコレステロール
本来のはたらきは、コレステロールをからだのすみずみまで運ぶ運搬者として、とても大切なのです。ただし、一定量を超えると、血管をボロボロにする動脈硬化の原因となるため、「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。
*中性脂肪
こちらもからだにとっては非常に重要な役割をもち、わたしたちが生きていくために欠かせない「エネルギー源」となっています。ただし、余分な中性脂肪は、おもに皮下脂肪にためられるため、血液中で一定量を超えると、肥満の原因にもなってしまいます。
*HDLコレステロール
からだの中の余分なコレステロールを吸い込んで、肝臓へ回収する運搬者です。そのため、「善玉コレステロール」とも呼ばれています。

脂質異常症は、動脈硬化疾患の危険因子の一つであり、糖尿病や高血圧など他の危険因子とあわせて治療の必要性を決めます。通常は、ほかに重大な疾患のない人の場合、「食事療法」と「運動療法」などの生活習慣の改善を第一に取り組み、それでも十分でない場合には、それらに加え「薬物療法」をおこないます。

1.食事療法
食事療法では、適正体重を維持すること、および一人ひとりの活動量に適したカロリー量の摂取と栄養素のバランスを保つことが重要です。高LDLコレステロール血症の場合は、LDLコレステロールをふやしてしまう脂肪酸やコレステロールが含まれる食べ物の過剰な摂取は控えましょう。具体的には、脂肪が多く含まれる肉類や乳類、卵などです。食事療法は、食事内容と、調理方法を工夫することで、その効果は大きく変わってきます。
*主食の大盛りやおかわりをやめ、菓子類を減らしましょう。甘い飲み物や果物にも糖質は多く含まれるため、無糖のものや甘味控えめなのにかえましょう。
*お肉は、その部位や種類によって、含まれるカロリーやコレステロールの量が違います。ささ身など、低カロリーのものを選ぶこと。
*まぐろやさばなどの背中が青い魚には、コレステロール値を下げる脂肪酸が含まれています。人参やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜も、動脈硬化を予防するビタミンを多く含んでいます。これらの食材は、積極的に食べましょう。
*過剰なアルコール摂取は中性脂肪(トリグリセライド)の過剰合成をまねき、動脈硬化による血圧上昇、脳血管障害や、脂肪肝による肝機能障害などの危険性を増加させます。アルコール摂取は25g/日以下に抑えましょう。

2.運動療法
からだを動かすことで、さまざまな効果が出てきます。脂質異常症の原因となる物質を減らせるだけでなく、ふとりにくい体質になり肥満の予防につながります。また、他の生活習慣病の予防にもなるため、脂質異常症だけでなく、相乗的にさまざまなよい影響が出てくると考えられます。
*運動療法の基本は、有酸素運動を中心に、通常の速度のウオーキングにあたる運動の強さを目標に毎日合計30分以上、週3回以上はおこなうことが理想です。また、ふだんの生活のなかでも、こまめに歩き、できるだけ座ったままの生活を避けることも大切です。
*運動療法は、食事療法と同じく、継続することが大切です。個人差がありますので、程度としては、ご自身が「すこししんどいけれども、無理なく続けられる」というくらいが、ちょうどよいでしょう。

3.薬物療法
食事療法や運動療法の生活習慣の改善を一定期間おこなっても、十分な脂質値(LDLコレステロールや中性脂肪など)の改善が得られない場合や、すでに心筋梗塞などの重要な動脈硬化疾患を発症している場合には、薬物療法が考慮されます。
コレステロール低下薬は、合成阻害のHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン製剤)や吸収阻害のエゼチミブがもっともよく使われます。中性脂肪低下薬にはフィブラート系薬剤がもっとも有効ですが、魚油からつくられたエイコサペンタエン酸や、ニコチン酸製剤も使用されます。脂質異常症のタイプや、ほかに合併している疾患等にあわせて治療薬を選択します。薬をのむことは、治療の一つですが、脂質異常症の原因を取り除けるわけではありません。ですから、薬をのみ始めても、食事療法と運動療法もしっかりと続けましょう。

4.禁煙
喫煙習慣は男女問わず、冠動脈疾患、脳血管障害等の危険因子であるばかりでなく、糖尿病、脂質異常症(HDLコレステロール低下)、メタボリックシンドロームの発症リスクを上昇させてしまうので、禁煙は必須です。

痛風

痛風は体内で尿酸が過剰になると、関節にたまって結晶化し、炎症を引き起こして腫れや痛みを生じる病気です。風が患部に吹きつけるだけで激しい痛みが走ることから痛風と名づけられたといわれています。尿酸はプリン体が体内で分解されてできる物質で、血液中の尿酸の濃度が高くなり、7.0mg/dlを超えると高尿酸血症の状態となります。この状態が長く続くと関節の中で尿酸が結晶化し、これを白血球が処理する際に炎症を引き起こします。医療の進歩により、薬も開発されており、正しい治療を行えば、これまで通りの健康な生活を送ることができます。しかしながら、放置してしまうと、関節の激痛を繰り返し引き起こしたり、体の至る所に結節ができたり、腎臓に影響を及ぼしたりしてしまう病気です。

【原因】
痛風にかかるのは20歳以上の男性に多いです。原因はプリン体の過剰摂取、過剰生成や排泄不全です。不要なプリン体は通常、分解されて尿酸となり、尿とともに排泄されます。しかし、プリン体が過剰に作られたり尿酸が十分に排泄できなかったりすると、体内の尿酸の量は増えて行きます。それが結晶化して関節にたまると痛風を引き起こします。プリン体が多く含まれる肉などの食品やビールなどアルコール飲料の摂り過ぎが、よく知られた発症要因の一つです。暴飲暴食・肥満・激しい運動が主な原因です。さらに降圧利尿剤が原因となることもあります。血清尿酸値の高い人は、痛風にかかる可能性が高いだけでなく、肥満、高脂血症、高血圧症、糖尿病などの合併が多く、動脈硬化により心血管障害や脳血管障害を誘発することもあります。

【症状】
足の親指の付け根に激しい痛みが起こるのが特徴です。痛風の痛みは、風が吹いても痛いというほど、耐え難いものです。足の甲や足関節や膝関節、手関節、肩関節などに痛みが出ることも多いです。ただし、痛みは発作的に生じるため、しばらくすると治まります。この痛みの発作(痛風発作)と鎮静を繰り返すうちに症状が悪化して、関節の腫れがひどくなったり、痛風腎(腎臓に尿酸の結晶がたまって腎機能が低下し、排泄が正常に行えなくなる病気)や腎臓結石・尿管結石(腎臓や尿管に結石がたまり、腰や背中のあたりに激しい痛みを生じる病気)などを併発したりすることもあります。

【検査・診断】
足の親指の付け根の痛みなど、痛風に特徴的な症状が見られるか確かめます。また、痛風の前段階である高尿酸血症(血液中の尿酸値が異常高値を示す病気)があるかどうかも重要な判断基準です。ただし、痛風発作が出ているときは血液中の尿酸値は低くなる傾向にあるため、患部から関節の潤滑液としての役割を果たす関節液を採取して液中の結晶(尿酸塩結晶)の有無を調べる検査を行うこともあります。この関節液の検査は、偽痛風(ぎつうふう。痛風と同様の症状が見られるが、原因は尿酸の結晶ではなくピロリン酸カルシウムの結晶)や外反母趾など似た症状を示す病気と鑑別するためにも重要となります。

【治療】
痛風発作が起き、痛みや炎症が強いときは、まず非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)で痛みと炎症を抑えます。NSAIDが使用できない患者にはステロイドなどを使用する場合があります。そうして発作が治まったら、尿酸値を下げる治療を開始します(発作がない場合には、この治療からスタートする)。治療法としては薬物療法もありますが、まずは生活習慣の改善が大事になります。生活習慣の改善としては、食べ過ぎに注意しプリン体を多く含む食品(肉や魚の内臓や干物、エビ)を控えたり、アルコールの摂取を控えたりします。また、水分をよく取るようにします。過度な運動はかえって尿酸値の上昇を招くため、負荷の低い運動(歩行など)を勧めます。薬物療法は尿酸の生成を抑える薬と、尿酸の排泄を促す薬の2種類があり、症状に合わせて選択されます。発作をくり返していくうちに、発作の予兆を感じるようになることがあり、その際にはコルヒチンという薬で発作が起きるのを予防することもあります。

【予防/治療後の注意】
痛風の予防は、治療法でも述べたように生活習慣の改善が基本であり、バランスの取れた食生活や適度な運動を心がけることで予防できます。また、痛風の原因ともいえる血清尿酸値が高い人は、通常の人と比べると、心血管障害や脳血管障害の可能性が高いといわれているため、その是正のため、日々の生活習慣には気をつけたいものです。

糖尿病

糖尿病は血液中の血糖値が慢性的に高い値を持続する病気です。大きく1型糖尿病と2型糖尿病に分かれており、1型糖尿病はインスリンをつくる膵臓の細胞が障害されることで起こるため、インスリン依存型とも呼ばれます。2型糖尿病では、食べ過ぎ・飲み過ぎや運動不足、ストレスなどにより膵臓の働きが弱まったり、インスリンの働きを阻害する物質が体内にたまることによって発症します。遺伝的要素も大きく、家族に糖尿病患者がいる場合に発症する可能性が高いといわれています。そのため、2型はインスリン非依存型とも呼ばれます。日本の糖尿病患者の大多数は2型だといわれています。網膜症・腎症・神経障害の三大合併症や動脈硬化症を伴うこともあります。一度発症すると完全に治るということがないため、生涯を通してうまく付き合っていくことが大切となります。

【原因】
血糖値を下げる機能を持つインスリンの不足や、インスリンの効き目が弱くなることが原因です。インスリンの効き目が弱くなることにより、血糖を血液中から体内に取り込めなくなってしまい、高血糖状態が長く続くことで合併症を引き起こすこともあります。1型糖尿病の発病の原因としては、原因不明のタイプ(特発性)と、感染症などによる免疫不全から膵臓細胞を破壊してしまうタイプ(自己免疫性)の2種類があります。2型糖尿病の場合、食べ過ぎ・飲み過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因となり、膵臓の動きが弱まったり、インスリンの働きを阻害する物質が体内にたまることによって起こります。また、2型糖尿病は遺伝も原因となりえます。そのため、家族に糖尿病患者がいる場合には生活習慣に気をつけることで、2型糖尿病の発症を遅らせることができるといわれています。

【症状】
2型糖尿病の場合、初期症状はほとんどなく、早期発見が難しいです。悪化すると、口の中が渇く、喉が渇く(水分を多く摂取するようになる)、トイレが近くなる、疲れやすくなる、体重が減るといった症状が見られます。さらに悪化して慢性化すると、糖尿病網膜症(目の奥の網膜にある血管から出血が起こったり、異常な血管が網膜につくられたりして、視力の低下や失明などを引き起こす病気)、糖尿病腎症(腎臓の血管が破壊されて腎臓の機能が低下し、腎不全などを引き起こす病気)などの合併症を引き起こします。1型糖尿病も上記のような症状が出るが、中には1週間以内と急激に悪化する場合があり、劇症1型糖尿病と呼ばれます。また、発症までにかなりの時間を要する緩徐進行1型糖尿病も存在します。

【検査・診断】
血液検査で血糖値やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー。過去1〜2ヵ月の平均的な血液中のブドウ糖の量)の値を調べます。検査は2度行い、以下の4つの所見のいずれかが両日で確認されると糖尿病と診断されます。(1)早朝空腹時の血糖値が126mg/dL(1デシリットル中に126ミリグラム)以上、(2)75グラム経口ブドウ糖負荷試験(75グラムのブドウ糖を溶かした水を飲んだ後に血糖値を測る検査)で2時間後の血糖値が200mg/dL以上、(3)時間に関係なく測定した血糖値(随時血糖値)が200mg/dL以上、(4)HbA1cの値が6.5%以上。なお、1度の検査で(1)〜(3)のうち少なくとも1つと(4)が同時に確認された場合、その段階で糖尿病と診断されます。2型糖尿病は高血圧などの生活習慣病とも密接な関係があるため、それらがないかもあわせて確認します。必要に応じて腎臓や目に合併症がないかもチェックが必要です。

【治療】
1型糖尿病ではインスリンの必要量が足りていないため、速やかにインスリン注射によって補って行きます。2型糖尿病では、まず食事内容に気をつけたり(食事療法)適度な運動を行ったり(運動療法)することで症状を改善して行くことが可能です。食事療法は、炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をバランスよく取ることや、ビタミン、ミネラルなどを欠かさず取ることが大切となります。運動療法は、ウォーキングや自転車、スイミング、ジョギングなどの有酸素運動を1回20~40分、週に3回実施します。目安として、2〜3ヵ月ほど食事療法と運動療法を続けて、症状の改善が見られない場合には、経口血糖降下剤やインスリン注射あるいはGLP‐1受容体作動薬注射などによる薬物療法も加わります。

【予防/治療後の注意】
2型糖尿病は食生活が乱れたり運動不足になったりすることが原因で起こるため、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけることが予防につながります。また、肉体的・精神的ストレスの蓄積も糖尿病には関連することが知られており、注意が必要です。



南メディカルクリニック概要

院長
鐘 音  (ぞん いん)
東京医科歯科大学医学部卒業
標榜科目
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、 脳神経外科、小児科
診療時間
午前 9:00~13:00 
午後 15:00~18:00
休診日
金曜日・土曜日(午後)・日曜日・祝祭日
住所
〒232-0052
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町127-1
電話
045-722-3885
FAX
045-722-3886
アクセス
京浜急行・井土ヶ谷駅より徒歩3分
井土ヶ谷交差点前

医療法人社団 凰和会理念
(医療ポリシー)

目標
私どもは、患者様に最高のクオリティ-を提供することで、パーソナルなサービスを求める患者様のご要望以上を満たすようケアサービス追及をしてまいります。
信条
私どもの最大の財産であり成功の鍵ともいえるのはスタッフ一人ひとりです。職務に当たっては各スタッフが尊敬とプライド、そして満足感を抱いていることが大切だと考えます。患者様に最高のサービスを提供し、そのサービスにご満足いただくためには、多くのスタッフの協力が不可欠です。スタッフの相互協力、そして貢献と価値を尊重し合うことが、最高のサービス実現への鍵だと考えております。
行動規範
私どもは互いの接し方そして相手に対する範の示し方を通じて私どもの理念を実行しています。患者様であれ、提携先であれ、スタッフ間であれ、常に自分がそうして欲しいと思う対応で相手に接しております。