呼吸器内科 |横浜市南区の在宅医療・訪問診療、内科全般、南メディカルクリニック 京急・井土ヶ谷駅より徒歩3分

内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 脳神経外科 小児科 在宅医療 訪問診療

 045-722-3885

平日9:00~13:00 15:00~18:00

〒232-0052 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町127-1

呼吸器内科

  • TOP
  • 呼吸器内科
内科
呼吸器内科

喘息

喘息は、空気の通り道である気管支の慢性炎症を本態とし、自然に、あるいは治療により可逆性を示す喘鳴(呼吸するときにゼーゼーヒューヒューといった音)、呼吸困難や咳で特徴づけられる病気です。不十分な治療や未治療で持続する喘息の炎症は、気管支の障害とそれに引き続く構造の変化を引き起こして非可逆性の変化をもたらし重症化することとなります。  喘息を悪化させる因子としては、ハウスダスト(室内のほこり)やダニなどが代表的ですが、そのほか、室内で飼育している動物、植物やカビなどが原因になりえますので、室内環境には注意することが必要です。また、喫煙は喘息にとって有害になるので、喫煙している人は禁煙を、喫煙していない人はたばこの煙を吸わないようにすることが大切です。

[症状]

息切れ、喘鳴、咳、痰などの症状が見られます。これらの症状が変動性をもって一時的あるいは時間をおいてくり返し何回も起こります。したがって、このような症状が見られたときには、風邪などと簡単に考えないで、喘息になっている可能性を疑うことが重要となります。
症状の発現する状況や時間帯、経過などが喘息の発症を疑うポイントとなります。具体的には、
・発作性に症状が出現する(症状の発現した日時や時期、季節などがはっきりわかる)
・自然に、あるいは、治療によりよくなったり、わるくなったりする
・風邪にかかったあと、刺激性物質を吸入したあとや運動後など、なんらかの刺激によって症状が誘発される
・早朝・夜間に症状が多い
などです。
一般的に、喘息症状が起こりやすいのは明けがたの午前4~5時ごろです。また、季節の変わり目、花粉が多く飛散する時期、掃除の際に粉じんを多く吸入した場合、エアコンなどにより温度変化が急激に生じたとき、雨の日や台風などで気圧や湿度が変化したとき、強い心理的ストレスがかかったときなどです。
喘息には「咳喘息」といって、喘鳴が聞かれずに、長期間にわたって咳だけが続くことや、色のついていない透明で糸を引くような痰のみが出ることもあります。
喘息の診断には、呼吸機能検査(ピークフロー、1秒量)や気道過敏性試験、アレルギー検査としてIgE(免疫グロブリンE)や皮膚テストなど、痰や血液中の好酸球の確認、呼気中一酸化窒素濃度測定などを行うことがあります。また、類似した症状を示すほかの病気をチェックするために、胸部X線検査を行うことがあります。

[治療]

気管支の慢性炎症が本態ですので、炎症を鎮める治療が基本となり、そのために副腎皮質ステロイド薬の吸入を継続して行います。吸入薬なので通常の量を使用している場合には、全身性の副作用がありません。また、吸入ステロイド薬を多く使用しても症状が安定しないときには、長時間作用性β2刺激薬や長時間作用性抗コリン薬の吸入、ロイコトリエン受容体拮抗薬の内服などを追加します。吸入薬には複数の薬を含有した合剤があり、利便性が向上しています。
発作が起こったときには、気管支拡張薬(短時間作用性β2刺激薬)を吸入することもあります。これによっても改善しないときは、速やかに医療機関を受診しましょう。また、治療によって症状がよくなったときも、気管支の炎症は続いていますので、自分の判断で治療を中止せず、必ず医師と相談しながらステロイド薬の吸入量をゆっくりと(3~6カ月ごとに)減らします。
また、これらの治療によっても喘息症状をコントロールできない場合には、4つの生物学的製剤(抗IgE抗体製剤、抗インターロイキン[IL]-5抗体製剤、抗IL-5受容体α抗体製剤、抗IL-4受容体α抗体製剤)と、非薬物療法である気管支熱形成術(気管支サーモプラスティ)を選択することができます。抗体製剤はいずれも頻度は少ないですがアナフィラキシーを起こすことがあり、また、気管支熱形成術は実施可能施設が限られていますので主治医または喘息治療の専門医に相談して下さい。

ピークフローメーターによる自己管理
週一回以上生活に支障が出る発作のある喘息は、患者自身で管理することは重要です。喘息の状態を症状だけではなく、気管支での空気の通りやすさを客観的に知るために開発されたのが、ピークフローメーターです。
吸い込んだ空気を勢いよく吐き出すときの最大気流(ピークフロー:吐き出される空気のスピード)を測定して気管支がどれだけの太さになったかを推測できます。正常のピークフローの80%以上あれば、喘息治療は良好であるとされ、50~79%は要注意状態と判断され治療薬をややふやします。
さらに、50%未満であれば危険な状態にあると考え、医療機関を受診して適切な治療を受ける必要があります。
中等持続型以上の喘息はピークフローを日常的に測定し記録することにより、悪化して手遅れになる前に患者自身で喘息を管理することが求められています。

日常生活で注意する点
喘息が悪化するリスクを低減させるためには、室内で生息するダニを除去することが必要です。ダニは、じゅうたん、たたみ、繊維性のソファ、ぬいぐるみなどに多く、可能な範囲で除去するか代替物を使用し、掃除をまめに行うことが必要です。動物の毛やふけなども喘息を起こさせますので、室内(特に寝室)で毛を有するペットの飼育は避けることを心掛けましょう。
そのほか、食事ではソバ喘息などのように原因が特定されている場合は摂取しないことです。また、アスピリンのような鎮痛解熱薬で重い発作が起こることがあり、使用しなければならないときは、医師に相談したうえで十分に注意をしながら使用します。
喘息発作時には、運動によって症状が悪化するため運動は控えますが、症状が特になくても運動することによって発作が起こる運動誘発性喘息もあります。

新型コロナウイルス感染症と喘息
一般的に風邪などのウイルス感染症は喘息発作を誘発する可能性があります。このため、新型コロナウイルス感染症にも注意が必要となります。一方で、抗原感作を受けている喘息患者や高用量の吸入ステロイド薬を使用している喘息患者では、新型コロナウイルスがヒト細胞内に侵入するために利用するアンジオテンシン変換酵素Ⅱが低下している可能性が報告されています。さらに中国からのデータでは、新型コロナウイルス感染症で集中治療室を必要とするような重症化する患者には、喘息患者はいなかったともあります。
これらのことから、喘息であることで必要以上に新型コロナウイルスを恐れるのではなく、吸入ステロイド薬を不適切に中止または減少させることで、喘息が悪化するリスクを高めてしまいますので、適切に定期的な治療を維持する必要に留意してください。

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

[疫学]

40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されています(NICE study)が、大多数が未診断、未治療の状態であると考えられます。全体では死亡原因の9位、男性では7位を占めています。

[原因]

最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。タバコの煙を吸入することで肺の中の気管支に炎症がおきて、せきやたんが出たり、気管支が細くなることによって空気の流れが低下します。また、気管支が枝分かれした奥にあるぶどうの房状の小さな袋である肺胞(はいほう)が破壊されて、肺気腫という状態になると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下します。COPDではこれらの変化が併存していると考えられており、治療によっても元に戻ることはありません。

[症状]

歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。一部の患者では、喘鳴や発作性呼吸困難などぜんそくの様な症状を合併する場合もあります。

[診断]

長期の喫煙歴があり慢性にせき、たん、労作時呼吸困難があればCOPDが疑われます。確定診断にはスパイロメトリーといわれる呼吸機能検査が必要です。最大努力で呼出した時にはける全体量(努力性肺活量)とその時に最初の1秒間ではける量(1秒量)を測定し、その比率である1秒率(1秒量÷努力性肺活量)が気道の狭くなっている状態(閉塞性障害)の目安になります。気管支拡張薬を吸入したあとの1秒率が70%未満であり、閉塞性障害をきたすその他の疾患を除外できればCOPDと診断されます。また、重症例では胸部エックス線画像で肺の透過性亢進や過膨脹所見が見られることもありますが早期診断には役立ちません。高分解能CTでは肺胞の破壊が検出され、早期の気腫病変も発見できますが、COPDの診断には閉塞性障害の有無が重要となります。また、COPDは全身の炎症、骨格筋の機能障害、栄養障害、骨粗鬆症などの併存症をともなう全身性の疾患です。これらの肺以外の症状が重症度にも影響を及ぼすことから、併存症も含めた病状の評価や治療が必要になります。

[治療]

COPDに対する管理の目標は、(1)症状および生活の質の改善、(2)運動能と身体活動性の向上および維持、(3)増悪の予防、(4)疾患の進行抑制、(5)全身併存症および肺合併症の予防と治療、(6)生命予後の改善にあります。気流閉塞の重症度だけでなく、症状の程度や増悪の頻度を加味した重症度を総合的に判断したうえで治療法を段階的に増強していきます。喫煙を続けると呼吸機能の悪化が加速してしまいますので、禁煙が治療の基本となります。増悪をさけるためには、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種が勧められます。薬物療法の中心は気管支拡張薬(抗コリン薬・β2刺激薬・テオフィリン薬)です。効果や副作用の面から吸入薬が推奨されており、主として長時間気管支を拡張する吸入抗コリン薬や吸入β2刺激薬が使用されています。気流閉塞が重症で増悪を繰り返す場合は、吸入ステロイド薬を使用します。長時間作用性β2刺激薬と吸入用ステロイドの配合薬も有用であることが証明されています。非薬物療法では呼吸リハビリテーション(口すぼめ呼吸や腹式呼吸などの呼吸訓練・運動療法・栄養療法など)が中心となります。低酸素血症が進行してしまった場合には在宅酸素療法が導入されます。さらに呼吸不全が進行した場合は、小型の人工呼吸器とマスクを用いて呼吸を助ける換気補助療法が行われることもあります。症例によっては過膨張した肺を切除する外科手術(肺容量減少術)が検討されることもあります。



南メディカルクリニック概要

院長
鐘 音  (ぞん いん)
東京医科歯科大学医学部卒業
標榜科目
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、 脳神経外科、小児科
診療時間
午前 9:00~13:00 
午後 15:00~18:00
休診日
金曜日・土曜日(午後)・日曜日・祝祭日
住所
〒232-0052
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町127-1
電話
045-722-3885
FAX
045-722-3886
アクセス
京浜急行・井土ヶ谷駅より徒歩3分
井土ヶ谷交差点前

医療法人社団 凰和会理念
(医療ポリシー)

目標
私どもは、患者様に最高のクオリティ-を提供することで、パーソナルなサービスを求める患者様のご要望以上を満たすようケアサービス追及をしてまいります。
信条
私どもの最大の財産であり成功の鍵ともいえるのはスタッフ一人ひとりです。職務に当たっては各スタッフが尊敬とプライド、そして満足感を抱いていることが大切だと考えます。患者様に最高のサービスを提供し、そのサービスにご満足いただくためには、多くのスタッフの協力が不可欠です。スタッフの相互協力、そして貢献と価値を尊重し合うことが、最高のサービス実現への鍵だと考えております。
行動規範
私どもは互いの接し方そして相手に対する範の示し方を通じて私どもの理念を実行しています。患者様であれ、提携先であれ、スタッフ間であれ、常に自分がそうして欲しいと思う対応で相手に接しております。